Haskell で C コンパイラを作ってみた

本エントリ投稿の 2, 3 ヶ月前に Haskell でスクラッチから x86-64 向けの C コンパイラを作った. 本エントリは, その記録である.

動機/背景

コンパイラの自作は, 社会人になる前に, 前々から一度はやっておきたいと思っていた事柄の一つであったこと, また関数プログラミングとの関係性について探求したかったこと, さらに, 一部には, 関数プログラミングはコンパイラ開発を容易にする1という認識があるが, 数学的構造の実用化の一つとも言える関数プログラミングに関する考察においては, 圏論的な理由付けによりその有用性を言うことができるはずであろうという, 私の中での何となくの予想が本当であるのかどうか, 確認したかったことから, 実際に Haskell で C コンパイラを作るに至った. なお, 圏論の話題は再度別のエントリとしてまとめ, その後, さらに別のエントリにそれと関連付いた話題としてまとめようと考えているため, 本エントリでは特に立ち入らず, あくまでも, Haskell で C コンパイラを作ってみたという単なる取り組みへの記録程度に止める.

Read More...